Never stop exploring. Who dares wins.


by g999er

プロフィールを見る
画像一覧

Profile

'82年東京生まれ早大卒。小心者の見栄っ張り。臆病者の命知らず。
'04年夏、カンボジアにて完全無防備、スコップのみを使用し地雷除去を敢行。
'05年はアフガニスタンにてアルカイダとニアピン。'06年、軍艦島上陸。

アジア・中東累計約30カ国程訪問。忌野清志郎のライブ主催などイベント企画。色んなことをしながら現在都内の広告代理店勤務。

こんな本にも載ってます。
http://amzn.to/b01Jqt

カテゴリ

全体

→2010チュニジア/モロッコ
→GO for Afghanistan
→最後の行軍
企画・イベント
Art/Design
News
Music
Movie
Books
Sports
Camera
Food & Drink
雑記

以前の記事

2010年 10月
2009年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 12月

お気に入りブログ

超音速備忘録
トランスポーター
目撃者を探しています!平...

彼は、声を失わない。

c0016470_738491.jpg
BuenaVistaSocialClub(ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ)のシンガー、Ibrahim Ferrer(イブライム・フェレール)が6日、ハバナで死去。

イブライム・フェレールは1927年、サンティアゴ・デ・キューバ近郊のサン・ルイスに生を受ける。イブライム・フェレールがボレロを歌い始めたのは1996年、69歳のとき。音楽から身を引きかけていたある日、日課の散歩の最中にハバナの街角で急遽スタジオに呼ばれ、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』のセッションに参加させられてからのこと。彼はオーケストラこそ13歳から歌い、その後もアップテンポなナンバーやグアラチャ、ソンなどを歌ってはいたが、ボレロを歌い始めたのは遅かった。

俺がイブライム・フェレールを知ったのはヴェンダースの映画『BUENA VISTA SOCIAL CLUB』を観てから。音楽の神に愛された天才的な歌声にシビレ、音楽に全てを捧げたその生き様に心底惚れた。

いまでは彼の命の灯火は消えてしまったけど、彼の残した歌声と、その音楽にかける情熱は人々の心から消えることは無い。

いままでありがとう。そしてさようなら。また逢う日まで。
[PR]
# by g999er | 2005-08-05 07:38 | Music

くつと命とバナナティップス

日記が消えました。もう長々書く気力はありません。

今日は友人のモデル、田中みのりの所属事務所オフィスケンに伺いました。早稲田最2005コウシキパンフレットの表紙の件です。俺は表紙担当です。先方は快諾してくれ、方々に電話をかけてくれたり協力してくれました。社長様もマネージャーの方も親切で優しい人達でした。
お土産にバナナチップをもらいましたが編集長フクシマが


「oh!ワタシノダイコウ


ブツ、バナナティップ


ス!?」



と言って奪っていきました。

More
[PR]
# by g999er | 2005-08-02 02:14 | 雑記

てかみんな、

c0016470_2371797.jpg


   テストおつかれ。


    (2005年 ロイター/Jeff Zelevansky)
[PR]
# by g999er | 2005-08-01 02:41 | 雑記

こういうの

c0016470_0253843.jpg

毎日新聞の記事
こういうの見るとグッときちゃうね。俺がボランティア行ってたのは川口村ってとこだけど、なんか少しでも役に立ったのかなぁって思うとすごくうれしいね。
[PR]
# by g999er | 2005-07-30 00:26 | 雑記

『2046』

c0016470_129235.jpg

『2046』 

監督 ウォン・カーウァイ
キャスト トニー・レオン/木村拓哉/コン・リー/フェイ・ウォン/チャン・ツィイー/カリーナ・ラウ/チャン・チェン/マギー・チャン

【あらすじ】
1967年香港。ひとりの男が2046年を舞台にした近未来小説を書いている。 タイトルは「2046」…。小説の登場人物たちは、「2046」という謎の場所を目指し、ミステリートレインに乗り込む。「2046」に行けば“失われた愛”を見つけることができる。そこを目指す人々はそう信じていた。 しかし、それが真実なのかどうかは誰も知らない。 なぜなら「2046」から帰って来た者はいないから。 ただひとり、ある男を除いては。 いま、男は再び「2046」に向う列車の中にいた。誰にも言えない秘密を抱えて…。


友人カズマサ邸にて鑑賞。あらすじからはSFなのかと思い観るが、全然SFじゃない。同監督の『欲望の翼』『花様年華』を観てない人にはお勧めできない。
[PR]
# by g999er | 2005-07-22 07:46 | Movie

いざ、バーミヤン!!

c0016470_404249.jpg

夏行く予定の、アフガニスタンの遺跡、バーミヤン(世界遺産)。

バーミヤン遺跡というのはアフガン中央部、ヒンドゥークシュ山脈にある大仏教遺跡。僧房や仏堂だった石窟が崖面1kmにわたって続き、シルクロード仏教文化の象徴とされている。2001年3月に旧タリバン政権によって高さ38mと55mの二つの大仏が爆破されるが、それから2年後の2003年に世界遺産として登録された。正式には、バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群(Cultural Landscape and Archaeological Remains of the Bamiyan Valley) という。

そして、20日のNEWS。

c0016470_365812.jpg
コレ・ジャラールの仏教石窟=文化財研究所提供

c0016470_373896.jpg
コレ・ジャラールの仏教石窟から見つかった仏像の頭部を描いた壁画。目の部分がはがされている=文化財研究所提供

<バーミヤン遺跡>西方6キロで仏教石窟確認 文化財研究所 [ 07月20日 21時56分 ]
アフガニスタンのバーミヤン遺跡(世界遺産)の西約6キロのコレ・ジャラールで、7~8世紀のものと見られる仏教石窟(せっくつ)が確認されたと20日、独立行政法人文化財研究所が発表した。
 石窟は幅約3メートル、奥行き約3メートル、高さ約2メートル。天井や側壁には全面に壁画が描かれていたと見られ、一部は旧タリバン政権下で破壊されたものの、左の側壁には鮮やかな色彩の壁画が残っていた。バーミヤン谷の西端に位置し、同谷の西側部分で仏教石窟・壁画が確認されたのは初めて。
 また、壁画には中央アジアの絹織物に見られる円形の連珠文や金を使った文様も確認されたという。奥の壁には三尊形式の壁画があり、側面には仏陀を中心に千仏が描かれていたものと見られる。
 調査責任者の山内和也・東京文化財研究所室長は「石窟内の壁は土を上に塗られているのでもっときれいな壁画が、出てくる可能性がある」と話している。

そして、ダメ押しは名古屋大の宮治昭教授(美術史)のお話。氏によると、バーミヤン周辺の大きな石窟はほとんど調査されているが、小さい石窟からは今後も新たな発見があるということ。また、金を用いた文様はこれまで、現物が確認されておらず、貴重な資料になるとのこと。こいつはすげーのです。だって、かの有名な玄奘法師三蔵は、7世紀に中国からインドへ行く途中この地に寄り、金色に輝く仏たちに驚嘆の声をあげた、とされているから。それが見つかっちゃったよ。マジすげぇ。

あー、バーミヤン。遺跡。ロマン。ああ。だめだ。

夢精しそうだ。

皆様、お先にイってまいります。

ちなみに、世界遺産に興味のある方は社会法人日本ユネスコ協会連盟UNESCO World Heritage Centreへ。
そしてTBSの世界遺産という番組でも、2003年の世界遺産登録後に放送されています。その記録(文章、写真のみ)が見たい人はこちらへ。
[PR]
# by g999er | 2005-07-21 04:00 | →GO for Afghanistan

【備忘メモ】アフガン国境地帯で武力衝突、外人兵ら武装勢力が17人死亡

c0016470_21473769.jpg
7月17日、アフガン国境地帯で武力衝突があり、外人兵ら武装勢力が少なくとも17人死亡。写真は、武装勢力のトラックの残骸(2005年 ロイター/Haji Mujtaba)

アフガン国境地帯で武力衝突、外人兵ら武装勢力が17人死亡 [ 07月17日 21時51分 ]
[ミランシャー(パキスタン) 17日 ロイター] アフガニスタン国境地帯で17日、パキスタン軍と武装勢力が衝突し、外国人兵士を含む武装勢力が少なくとも17人死亡、パキスタン兵1人が死亡した。軍当局が明らかにした。
 北ワジルスタンの中心地ミランシャー近郊で、パキスタン軍は2軒の家屋を包囲した。武装勢力は降伏を拒否、軍に向けて発砲したという。
 この地域では、アルカイダ武装勢力の掃討作戦が行われ、緊張が高まっている。一帯の部族に対しては、外人兵の引き渡し命令が出ている。

[PR]
# by g999er | 2005-07-18 21:47

【備忘メモ】パキスタン過激派4人拘束 テロ捜査、世界規模

パキスタン過激派4人拘束 テロ捜査、世界規模 [ 07月16日 12時07分 ]
【イスラマバード16日共同】パキスタンの治安・情報当局は15日、ロンドン同時テロの実行犯とされるパキスタン系英国人シェヘザド・タンウィール容疑者と接点があるとして、イスラム過激派組織ジェイシモハメドの関係者とみられる4人をパキスタン東部ファイサラバードで拘束した。ロイター通信が伝えた。
 16日付の英ガーディアン紙は、米司法当局が2001年のアメリカン航空機爆破未遂事件で終身刑判決を受けた、「靴爆弾男」として知られる英国人リチャード・リード服役囚から事情を聴いているもようだと報じた。エジプトでの容疑者逮捕に加え、ロンドン同時テロをめぐる捜査は世界規模の広がりを見せ始めた。

[PR]
# by g999er | 2005-07-16 21:47

パキパキですがなにか。

えー、パキパキです。うんぼぼ。うきょ!
とまあなんでこんなにおれがションパイかというと、

昨日パキスタンビザ取ったからですよ!

しかも何故か裏投げ的な裏技(ヒミツだけど。フフ)が発生して、いい感じになったんだよね!
うきっ!!いやぁ俄然ワクワクしてきたよ。心躍るマハラジャ。
[PR]
# by g999er | 2005-07-15 00:29

【備忘メモ】アフガン南部で武装勢力掃討作戦、178人死亡

c0016470_4292171.jpg
6月25日、アフガン南部の武装勢力掃討作戦で、タリバン側の178人が死亡した。写真は23日、カンダハルでパトロールにあたるアフガン軍の兵士ら(2005年 ロイター/Ismail Sameem)

アフガン南部で武装勢力掃討作戦、178人死亡 [ 06月26日 16時50分 ]
[カブール 25日 ロイター] アフガニスタン南部ではここ3日間、タリバンの武装メンバーの掃討作戦が米軍の支援で行われ、これまでにタリバン側の178人が死亡、56人が拘束された。アフガン国防省が25日発表した。
 作戦はカンダハルとウルズガン、ザブールの各州が接する地域で実施。タリバンの上級司令官2人が同地域に潜伏している可能性が指摘されていたが、遺体は発見されておらず、拘束もされていないことから、逃亡した模様という。
 米軍とアフガン軍は、9月18日の議会選を前に武装勢力の掃討作戦を展開しており、過去1週間のみで200人以上、3月以来では300人以上の武装勢力が死亡したとされる。


やっぱりやるんですねって感じだったけど、こんな早くやるのか。
[PR]
# by g999er | 2005-06-27 04:31

Twitter&BP

ライフログ


衣服は肉体になにを与えたか―現代モードの社会学


August Sander (Masters of Photography)


Escape to Where


Allegory & Metaphor


川久保玲とコムデギャルソン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧