Never stop exploring. Who dares wins.


by g999er

プロフィールを見る
画像一覧

Profile

'82年東京生まれ早大卒。小心者の見栄っ張り。臆病者の命知らず。
'04年夏、カンボジアにて完全無防備、スコップのみを使用し地雷除去を敢行。
'05年はアフガニスタンにてアルカイダとニアピン。'06年、軍艦島上陸。

アジア・中東累計約30カ国程訪問。忌野清志郎のライブ主催などイベント企画。色んなことをしながら現在都内の広告代理店勤務。

こんな本にも載ってます。
http://amzn.to/b01Jqt

カテゴリ

全体

→2010チュニジア/モロッコ
→GO for Afghanistan
→最後の行軍
企画・イベント
Art/Design
News
Music
Movie
Books
Sports
Camera
Food & Drink
雑記

以前の記事

2010年 10月
2009年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 12月

お気に入りブログ

超音速備忘録
トランスポーター
目撃者を探しています!平...

<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第一章 洗礼は再びに (チュニジア)

c0016470_11314166.jpg
まるでビーカーから水が溢れるかのように、自分の中から寂しさという感情がこぼれていく。

僕は、北アフリカの大地をゆっくりと食んでいた。

旅というものは大小を問わず、すべからく痛く、苦しさを伴うものだ。実に4・5年ぶりとなる一人旅でそれを改めて痛感している。旅は言い換えるならば出会いであり、出会いはつまるところ、始まりと終わりなのだ。

エリコと出会ったのは、チュニジアの首都はチュニス。空港に到着した11日、バスステーションを探している時のことだった。着いてすぐに換金を済ませた僕は、英語の通じない環境下特有のボディーランゲッジで「バスステーションはどこだ」とアラブ人に聞くと、無愛想に空港の外を指差し、首を傾げた。その指指す方角に向かうと目印も標識もあるわけではなく、ただ人だかりがあるのみだった。

「ここだろうか?」周りをきょろきょろしていると、汚いバックパックに座っている、アジア系ともフレンチともつかないような女性バッパーがいた。目が合い、まさにエクスキューズミーと問いかけようとした瞬間のことだった。

「日本の方ですか?」

思わず声を上げそうになった。「あ、はい、え、日本の方ですか?」
これが僕がチュニジアで出会った最初のバッパー、エリコだった。

エリコのことはどこまで書いていいか分からないのだが、おそらく問題ない範囲で記述すると、東京出身の24僕、性格の明るい、内面の非常に魅力的な女性だ(彼女の名誉のために書いておくと、外見ももちろん美人だ。)雰囲気はカピパラに似ている。何しか僕は彼女の先祖はげっ歯類だと思っている。アメリカやフランスに住んでいたことがあったり、数年ユーラシア横断や南米周遊などの旅に出ているせいか、英語とスペイン語とフランス語が堪能だ。今はアフリカ大陸を周遊し始めたところで、これから二年ほどかけてアフリカ大陸と中東を制覇するそうだ。

僕たちは、もちろんバッパーが大抵そうするように、自然な流れで行動をともにし、観光に赴き、ディナーを取り、互いの安宿で酒盛りをしたりした。その一連の行為は、僕にとって触れる久しぶりの「一人旅」というもので、その触感を思い出させてくれる、有意義な時間だった。またそれらは、以前アジアを周遊していたときに、旅先で出会ったフレンチやカナディアンと毎晩のように熱く夢を語り合った記憶を回想させるものだった。僕は、いつまでもこの空気に溶け、あるいはつながっていたい欲求に駆られた。しかし、現実を見ると、残されている時間は刻々と減り続けていた。

カルタゴ遺跡を観光した次の日、出会って二日後に僕たちは宿で別れを告げた。それは、お互いの進路へ向かう旅人にとってはごくごく当たり前のことだった。サハラ砂漠への拠点、南の都市トズールへと移動するバスの中で、僕は自分の輪郭が鉛筆でなぞるほど明確になっていくのを感じた。

そしてその夜、溢れ出す自分の感情を抑えることもできず、恥ずかしげもなく泣いた。それはこの瞬間、独りを痛感するがゆえに自分の輪郭が明確になり、自分の確固たる存在を感じるのが嬉しくある一方で、例え一欠けらといえそれを「嬉しい」と思ってしまう自分の歪みに、枕に歯を立てながら泣いたのだ。

まるで水道からビーカーに注がれる水がビーカーの形をなぞって溢れるように、僕自身の形は寂しさという感情になぞられていった。

こうして僕は、北アフリカの大地で再び一人旅の洗礼を受けることになった。
[PR]
by g999er | 2010-10-18 02:24 | →2010チュニジア/モロッコ

Twitter&BP

ライフログ


衣服は肉体になにを与えたか―現代モードの社会学


August Sander (Masters of Photography)


Escape to Where


Allegory & Metaphor


川久保玲とコムデギャルソン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧