Never stop exploring. Who dares wins.


by g999er

プロフィールを見る
画像一覧

Profile

'82年東京生まれ早大卒。小心者の見栄っ張り。臆病者の命知らず。
'04年夏、カンボジアにて完全無防備、スコップのみを使用し地雷除去を敢行。
'05年はアフガニスタンにてアルカイダとニアピン。'06年、軍艦島上陸。

アジア・中東累計約30カ国程訪問。忌野清志郎のライブ主催などイベント企画。色んなことをしながら現在都内の広告代理店勤務。

こんな本にも載ってます。
http://amzn.to/b01Jqt

カテゴリ

全体

→2010チュニジア/モロッコ
→GO for Afghanistan
→最後の行軍
企画・イベント
Art/Design
News
Music
Movie
Books
Sports
Camera
Food & Drink
雑記

以前の記事

2010年 10月
2009年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 12月

お気に入りブログ

超音速備忘録
トランスポーター
目撃者を探しています!平...

<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

モヤモヤ

品川のビル群の中ではそう高くもない4階の喫煙室からモヤモヤの霧で見えなくなった建物を見て、自分が将来一体何になるのか、一体何になりたいのかと考えている。そして、一度は出した答えをひたすら握っては潰し、そしてそれを解答欄に書いては消している。

僕が一番嫌なのは、組織でしか自分を出せないような人間になることなんだと思う。組織力で勝負する人なんかにはなりたくない。でも少し気を抜けば、そうなってしまいそうな、世の中に甘えた自分がいることを僕は誰よりも知っている。

自分ひとりで、と思って飛び出したあの夏、あの日。とてつもない恐怖やとてつもないストレスと引き換えに手に入れた栄光は、少し自分の想像したよりも色が濃くて、もちろんあの経験が自分の人生で一番の財産といえるのだけど、それでもたぶん手に入れたかったのはこの、危険性に何かを求めるような取り憑かれた感覚ではなくて、あの時ふとした時に見た、何の変哲もない、真っ青な空にボーッとできる感覚だったのかもしれない。

それでも、僕は僕であるアイデンティティーとしてその経験を語らずにはいられない。だって、よくも悪くもそれが、自分が今までで一番命を削った瞬間だからだ。そして、そこまで考えると、自分にとって一番充実しているのは、命を削っているときなのかもしれない、と思えてくる。

実際に自分の将来を考えたとき、もう僕には二つの選択肢しか頭にはない。一つは、広告マンとしていわゆる普通の就職をすること。
もう一つは、フリーとして戦場を生業にすること。その二つしか、もはや選択肢にすらない。

そんなとこまで考えて、僕は新しいCAMELに火を点けて、少し体育座りをした。そして自分の右足と左足の間に三回へのへのもへじを書いて、ちょっと疲れた頭を休ませた。
[PR]
by g999er | 2006-07-26 11:11 | 雑記

ERA

朝9時に品川のビルを出た僕は、とても愛のこもった黒いビゾンテの財布を取り出して、その硬貨入れの口を開けた。もちろんそこには宝の山、なんてことはなくて、昨日の夜と同じ、二枚の百円硬貨だけが悲しそうに音を鳴らしていた。

帰りの電車賃すらなくて、しかもお腹を減らしていた僕は、相方のマサキから一枚の、緑っぽい色をした万能な紙を借りて朝ごはんと換えた。そしていつもどおり食後にラッキーストライクを一服して、右から走ってきて左に走っていくバスに乗りこんだ。

JRの駅に着いた時に携帯電話で時間を見ると、大体午前10時になるかならないかくらいだった。普段なら、朝10時に都内にいるってシチュエ-ションだけでご飯3杯くらいいけちゃう僕も、さすがに今日は疲労が溜まっていて、おとなしく馬場経由で家路に着こうと思った。

気がつくと、山手線の三両目の後ろのほうで寝ていた。気がつくと、っていうのはとても適切な表現だと思う。目は覚めていなかったと今でも思うから。そう。そうなんだ。電車に乗った記憶なんて全くなかった。いつもの癖というか、もはやパブロフの犬的に現在地の確認をしたところから僕の意識は起きている。「次は~、目黒~目黒~」

何だ寝過ごしちゃったよ、なんて思って駅に着いた瞬間に窓から外を見たら、そこにはいっぱい人がいて、僕は窓ガラスを通してみんなに見られている気がした。そしてみんなが僕を見て笑顔になったり話のタネにしたりしている姿が目に浮かんだ。まるでその電車自体が大きな水槽で、僕がその水槽で生きる魚のように。

そう思ったら肺でしか呼吸できないのかもしれない僕は、急に胸が苦しくなって、仕方なく嗚咽とともにその水槽から出たんだ。そしたらすごく気分が良くなったのだけど、ゾッとしてもう戻りたくない自分は、その水槽に戻らなければいけないんじゃないかと思う自分にすぐに抑えられてしまった。そして僕は水槽に戻った。

携帯の時計は13:30と表示されていた。
[PR]
by g999er | 2006-07-13 01:46

memo


現存する掲載記事一覧

WASEDAWEEKLY【展示企画「火器から花器へ」】
http://www.waseda.jp/student/weekly/contents/2004b/051m.html
クロスネット【早稲田祭2002】
http://www.xon.co.jp/xnet/special/intern/023/
リンクス【チャレンジ・エイズ2003~Know more AIDS】
http://www.waseda-links.com/interview/article/0311_aids/
リンクス【CAUTION! Elephant】
http://waseda-links.com/interview/article/0411_qoon/index.html

その他、過去の掲載媒体
高校時代:毎日、朝日、読売、東京新聞(全て1回)、月刊東京ストリートニュース(1回)、ズームインサタデー(2回)、TVおじゃマンボウ(1回)
大学時代:読売、東京新聞、日刊スポーツ、サンケイスポーツ(1回ずつ)
[PR]
by g999er | 2006-07-07 14:12

Twitter&BP

ライフログ


衣服は肉体になにを与えたか―現代モードの社会学


August Sander (Masters of Photography)


Escape to Where


Allegory & Metaphor


川久保玲とコムデギャルソン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧