Never stop exploring. Who dares wins.


by g999er

プロフィールを見る
画像一覧

Profile

'82年東京生まれ早大卒。小心者の見栄っ張り。臆病者の命知らず。
'04年夏、カンボジアにて完全無防備、スコップのみを使用し地雷除去を敢行。
'05年はアフガニスタンにてアルカイダとニアピン。'06年、軍艦島上陸。

アジア・中東累計約30カ国程訪問。忌野清志郎のライブ主催などイベント企画。色んなことをしながら現在都内の広告代理店勤務。

こんな本にも載ってます。
http://amzn.to/b01Jqt

カテゴリ

全体

→2010チュニジア/モロッコ
→GO for Afghanistan
→最後の行軍
企画・イベント
Art/Design
News
Music
Movie
Books
Sports
Camera
Food & Drink
雑記

以前の記事

2010年 10月
2009年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 12月

お気に入りブログ

超音速備忘録
トランスポーター
目撃者を探しています!平...

<   2005年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

親友。

明日は卒業式。

朋友、多幸四郎が早稲田から旅立つ。
何時だって別れは耐え難く、別れるたびに出会わなければ良かったのに、と思うけど、今回は、ホントにつらい。

幼少の頃から感じていた、別れの寂しさ。
別れがあるから、出会いがある、なんて、そんなつまらないことは言いたくないと思っても、それがまた一つの真理であり、また一つの慰めでもある。反抗の余地は無い。


三年前、俺は早稲田に入って、まず喪失感を感じていた。
あまりにもダサい(チャラい)やつら。いつもへらへらしてる奴。自分とは明らかに温度差の違う人種。それとはまた別に「早稲田はアツい」とか言ってる甘ちゃん勘違いワセダの人種。

その二種類の人種を見て、俺は吐き気がして止まらなかった。「過去に戻りたい」と本気で思っている自分にも吐き気がした。頭が狂いそうだった。

愛校心なんて口だけで言うのは簡単だ。じゃあ腕立て200回も出来ない奴が、気概すら見せられない根性のない奴が、

自分のガッコのために、死ねるのか?

ガッコのために死ねる奴にだけ、「ワセダを愛している」と言う資格がある、と俺は思ってる。

「ガッコのために、死ね」と俺は高校で教育されてきた。
もちろんそのままじゃなくて、暗喩的な意味だけど、早稲田には、そうやってガッコを想う人間が何人いるだろう?前時代的な、時代遅れな考え方かもしれないけど、ワセダにはまだいっぱいいると思っていた。でも、その頃のオレの周りにはいなかった。

みんな、自分のため。ガッコのために、なんて考えてる人間、いもしなかった。野球応援も、楽しいから。本気で、野球部を応援してる奴なんていやしなかった。

あまりにも、違いすぎる...

学校を辞めようとして下っていったスロープの下にあった看板に、ふと目がいった。

「すべては、新しい早稲田祭のために」

ここで、俺は彼に会った。
多幸さんが飲み会でげろっ℡ときに、トイレで会ったんだよね。あのとき声をかけたのが、オレのターニングポイント。
オレの気持ちをよく理解してくれて、同じような気持ちを持ってくすぶっていた、一番身近にいたダチであり、兄であり、やっぱ友だね。多幸さんがいてくれたから、今の俺がある。

わせださいは好きな奴より、見ているだけでムカつく奴のほうが多くてほとんど行かなかったけど、それでも、いまでも尊敬するオカロックやシーケ叔父や朋友多幸四郎、樹里に会えた。ほかにもいろんな人に会えた。

上の二人がが卒業した去年に続いて、今年俺を可愛がってくれた多幸四郎がいなくなるのは、かなりのダメージです。

春から、ちょっと「今どこ?昼飯食おうぜ。荻窪?はやく来なよ」って言える奴が居なくなっちゃう。

ああ、寂しいね。でも、出会わなければ良かった、なんて思わないね。出会えてよかった。
だから、ホントにありがと、田幸志朗。

講談社、大変だろうけど、欲張りなよ。
仕事楽しめよ。ありがとう。涙が出てきたのでこのへんで。さようなら。ありがとう。
[PR]
by g999er | 2005-03-24 22:16 | 雑記

ベルスタッフのオイルドのライダース。【オリジナル】

c0016470_235508.jpgベルスタッフのオイルドのライダース。【オリジナル】

直訳すると
鐘屋の店員のオイルを塗りたくられた乗る人たち。【元祖】  

c0016470_2355343.jpg脂すごそうですね。加齢臭すら思想です。
↑いやいや。
英国で友人が買い付けてきたのを無理矢理譲り受けたのれす。
価格は秘密。むふふ。

オイルドだからすごく手がかかるけど、その分愛を注いであげたくなるのは自分のアニキ肌の出てしまうところですね。
「ああ、、、出るっ!」あ、ベルでした。
所詮おれは空気の読めない厨房と背が同じくらいw

イヤソ自虐もう㍉。
[PR]
by g999er | 2005-03-04 20:59

Twitter&BP

ライフログ


衣服は肉体になにを与えたか―現代モードの社会学


August Sander (Masters of Photography)


Escape to Where


Allegory & Metaphor


川久保玲とコムデギャルソン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧