Never stop exploring. Who dares wins.


by g999er

プロフィールを見る
画像一覧

Profile

'82年東京生まれ早大卒。小心者の見栄っ張り。臆病者の命知らず。
'04年夏、カンボジアにて完全無防備、スコップのみを使用し地雷除去を敢行。
'05年はアフガニスタンにてアルカイダとニアピン。'06年、軍艦島上陸。

アジア・中東累計約30カ国程訪問。忌野清志郎のライブ主催などイベント企画。色んなことをしながら現在都内の広告代理店勤務。

こんな本にも載ってます。
http://amzn.to/b01Jqt

カテゴリ

全体

→2010チュニジア/モロッコ
→GO for Afghanistan
→最後の行軍
企画・イベント
Art/Design
News
Music
Movie
Books
Sports
Camera
Food & Drink
雑記

以前の記事

2010年 10月
2009年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 12月

お気に入りブログ

超音速備忘録
トランスポーター
目撃者を探しています!平...

カテゴリ:Movie( 7 )

豊かな国

土曜日、以前から観たがっていたヴェンダーズの最新作、LAND OF PLENTYを観に行った。

俺は映画のレポートなんて普段書かないけれど、この映画に関しては思うところがあったので徒然なるままに書こうと思う。

俺はこの映画を見終わった時、「面白い」ではなく「スゴイ」という感想を抱いた。正直期待より面白くなく、ヴェンダースの最高傑作なんて感じは全然しなかったので、風邪薬を飲んでいたのと重なったせいもあってか後半大分眠くなっていた。期待が外れたかなぁと内心思っていた。



そう、ラストを観るまでは。



ラスト、主人公二人がNYに行って、グラウンドゼロを見て、一言二言あって、MichelleWilliamsの演じるラナが涙を流す。最後の1,2分、カメラはグラウンドゼロと空を映している。主題歌が奥底まで響いてくる。



このシーンだ。



と思った。このわずかな時間のためにヴェンダースはこの映画を撮ったのだ、と。少なくとも、俺にはそう映った。「アンリアル」な映画の世界と現実のグラウンドゼロが交錯する。


そしてさっきHPを見ていたら、この映画のタイトルは、レナードコーエンの曲名をそのまま使っているのだという。音楽に合わせて映画を作っているのだ。存在感のある、ただの主題歌ではない。

もはやヴェンダースはただの映画監督では無い気がした。
[PR]
by g999er | 2005-11-21 00:13 | Movie

LAND OF PLENTY

c0016470_344418.jpg

俺の大好きなwimwenders の最新作 『LAND OF PLENTY』 が22日、いよいよ日本公開。第61回ヴェネチア国際映画祭ユネスコ賞受賞という高評価を得た本作。
wenders自身、911の出来事がこの作品の下敷きになっているという。毎回社会を独特でありながら的を得た切り口から切り取る氏が、911やその後のアメリカをどう表現しているかが、非常に見物である。

さらりとストーリー紹介。

亡くなった母の手紙を伯父に届けるため、10年ぶりに故郷、アメリカの地を踏む姪、ラナ。誇り高き自由の地、アメリカを一人で守ろうとする伯父、ポール。

アラブ系のホームレスが殺される現場に居合わせた二人は再会する。ポールは事件の真相を突き止めるため、アメリカを横断するたびに出る。二人は、ロサンゼルスから最果ての地トロナを経て、夢と悲しみの町ニューヨークへ。

[PR]
by g999er | 2005-10-17 03:12 | Movie

『2046』

c0016470_129235.jpg

『2046』 

監督 ウォン・カーウァイ
キャスト トニー・レオン/木村拓哉/コン・リー/フェイ・ウォン/チャン・ツィイー/カリーナ・ラウ/チャン・チェン/マギー・チャン

【あらすじ】
1967年香港。ひとりの男が2046年を舞台にした近未来小説を書いている。 タイトルは「2046」…。小説の登場人物たちは、「2046」という謎の場所を目指し、ミステリートレインに乗り込む。「2046」に行けば“失われた愛”を見つけることができる。そこを目指す人々はそう信じていた。 しかし、それが真実なのかどうかは誰も知らない。 なぜなら「2046」から帰って来た者はいないから。 ただひとり、ある男を除いては。 いま、男は再び「2046」に向う列車の中にいた。誰にも言えない秘密を抱えて…。


友人カズマサ邸にて鑑賞。あらすじからはSFなのかと思い観るが、全然SFじゃない。同監督の『欲望の翼』『花様年華』を観てない人にはお勧めできない。
[PR]
by g999er | 2005-07-22 07:46 | Movie

「ゆきゆきて、神軍」奥崎謙三氏死去

奥崎謙三氏死去 「ゆきゆきて、神軍」出演 [ 06月26日 20時15分 ]
ニューギニア戦線で生き残り、旧陸軍の上官らの戦争責任を追及したドキュメント映画「ゆきゆきて、神軍」(原一男監督)の主人公として知られる奥崎謙三氏が、16日に神戸市内の病院で死去していたことが26日、分かった。85歳。兵庫県出身。
 第2次大戦中、陸軍工兵隊の一員としてニューギニア戦線に従軍。戦後は神戸市内でバッテリー販売店を経営した。1969年1月の皇居一般参賀で昭和天皇に向けてパチンコ玉を撃ち服役したほか、83年に旧陸軍時代の元上官の長男に発砲。殺人未遂罪などで懲役12年の判決を受けた。
 映画「ゆきゆきて、神軍」は、ニューギニアの戦場で終戦直後、日本兵2人が日本軍に銃殺された事件をめぐり、奥崎氏がかつての上官を訪ね、責任を追及する姿を描いた。


ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by g999er | 2005-06-27 04:21 | Movie

【備忘メモ】<カンヌ映画祭>パルムドールに「ザ・チャイルド」

<カンヌ映画祭>パルムドールに「ザ・チャイルド」

[ 05月22日 18時38分 ]
 【カンヌ(南フランス)勝田友巳】当地で開かれている「第58回カンヌ国際映画祭」で21日夜(日本時間22日未明)、選考結果が発表され、最高賞の「パルムドール」にベルギーのジャン・ピエールとリュックのダルデンヌ兄弟が監督した「ザ・チャイルド」が選ばれた。ダルデンヌ兄弟がパルムドールを受賞したのは、99年の「ロゼッタ」以来2度目。日本から出品された「バッシング」(小林政広監督)は賞を逃した。

 「ザ・チャイルド」は、自分の赤ん坊を金のために売り渡した身勝手な若者が、その後の苦境を経て成長する姿を描く。ダルデンヌ兄弟は「とても幸せで、地に足がつかないような気持ち。映画の中で描いた赤ん坊の売買組織が、撲滅されるきっかけになればうれしい」と喜びを語った。

 映画祭は22日夜(同23日未明)、パルムドール作品を上映して閉幕する。他の受賞者は以下の通り。

 グランプリ「ブロークン・フラワーズ」(ジム・ジャームッシュ監督)▽監督賞 ミハエル・ハネケ(「ヒドゥン」)▽女優賞 ハンナ・ラスロ(「フリー・ゾーン」)▽男優賞 トミー・リー・ジョーンズ(「メルキアデス・エストラーダの3回の埋葬」)▽脚本賞 ギジェルモ・アリアガ(同)▽審査員賞 シャンハイ・ドリームズ(ワン・シャオシュアイ監督)▽カメラドール(新人賞)「見捨てられた土地」(ビムクチ・ジャヤスンダラ監督)、「ミー・アンド・ユー・アンド・エブリワン・ウィ・ノウ」(ミランダ・ジュライ監督)

[PR]
by g999er | 2005-05-22 18:57 | Movie

【備忘メモ】<仏批評家週間>内田けんじ監督にフランス作家協会賞

<仏批評家週間>内田けんじ監督にフランス作家協会賞

[ 05月21日 03時00分 ]

 【カンヌ(南フランス)勝田友巳】当地で開かれている「第58回カンヌ国際映画祭」と並行して行われていた「批評家週間」で20日(日本時間21日早朝)、「同週間」に出品されていた日本の内田けんじさん(32)監督・脚本の「運命じゃない人」が、優れた脚本に贈られるフランス作家協会賞と鉄道員らが選ぶ鉄道賞を受賞した。

 「批評家週間」はフランスの映画批評家団体が主催し、デビュー2作目までの監督作が対象。「運命じゃない人」は、やくざの事務所から盗まれた札束をめぐる一夜の騒動を描いたコメディーで、内田監督の初の劇場向け長編映画。今回は7作品の中から「運命じゃない人」がダブル受賞した。日本では7月公開予定。

 内田監督は「難産で産んだ子供が先生にほめられたような気持ち」と喜びを語った。同監督は、カンヌ国際映画祭でも新人賞候補に名前が挙がっている。
[PR]
by g999er | 2005-05-21 13:30 | Movie

今観たい映画。

c0016470_7341574.jpg


「ニワトリは裸足だ」(2003/シマフィルム=ビーワイルド=衛星劇場/カラー/ヴィスタ/114分)

 少年サムは15才。重度の知的障害を持ちながらも人並みはずれた記憶力を持っている。潜水夫のチチ・守とふたり暮らしをしているが、守はサムの将来を案じ、自分と同じ潜水夫の仕事を少しずつ覚えさせようとしていた。サムには在日朝鮮人のハハ・チンジャがいるが、守とサムの教育方針について考えが合わないため、サムの妹・チャルこと千春と共に別居をしている。

 チンジャの母である金順礼は、戦後すぐ、朝鮮に帰るために乗船した浮島丸が舞鶴の佐波賀沖で爆発沈没するという事故に巻き込まれたが、奇跡的に助かった一人。守はチンジャにかつて「なに人だって構へん、ニワトリはハダシや!」といって結婚し、ふたりの子供に恵まれたのだった。

 サムが通う養護学校の担任教師・桜井直子の父親は警部であり、妻の兄・灰原検事が関わる機密費がらみの汚職事件を捜査していた。暴力団・重山組の組長は灰原に賄賂のベンツを贈っていたが、その車が盗難にあってしまう。車の中には検事の収賄事件の重要証拠品である機密費に関する裏帳簿が入っていた。

 中古車即売場に行き、車の形やナンバープレートを覚えるのが大好きなサムは、偶然にも盗難車のベンツの車中に隠されていた帳簿の数字を丸暗記してしまう。そのことでサムは、事件をもみ消そうとする警察、暴力団から誘拐され、家族から引き離されてしまう。

 サムを救い出そうと直子、守、そしてハハ・チンジャも身体を張って事件の謎を暴こうと立ち上がっていく。造船所跡地にベンツがあるという情報を得た重山組は、その場所を荒らしはじめる。そこはチンジャが刃物研ぎの行商をして貯めたお金で、養護学校を卒業した子供たちのための授産施設を作ろうと計画していた場所だった。しかし、造船所跡地にはベンツはなく、やがて車は意外な場所で発見される。事態は二転三転、京都・舞鶴の町全体を巻き込んだ事件へと発展していく。


【出演】
肘井美佳、石橋蓮司、余貴美子、加瀬亮、浜上竜也、守山玲愛、岸辺一徳、柄本明、笑福亭松之助、
塩見三省、李麗仙、倍賞美津子、原田芳雄

【監督】 森﨑東
【製作総指揮】 志摩敏樹

【企画・製作】 若杉正明
【エグゼクティブプロデューサー】 石川富康
【プロデューサー】榎望、榎戸耕史
【脚本】森﨑東、近藤昭二
【音楽】 宇崎竜童、太田恵資、吉見征樹
【撮影】 浜田毅
【美術】 磯見俊裕  【照明】 長田達也
【録音】 武進
【編集】川瀬功
【記録】 櫻木光子
【音楽プロデューサー】 佐々木次彦
【助監督】 武正晴
【ラインプロデューサー】 氏家英樹

c0016470_7305310.jpg



あ、画像切れまくってますけどお気になさらずにw
[PR]
by g999er | 2005-05-02 07:18 | Movie

Twitter&BP

ライフログ


衣服は肉体になにを与えたか―現代モードの社会学


August Sander (Masters of Photography)


Escape to Where


Allegory & Metaphor


川久保玲とコムデギャルソン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧