Never stop exploring. Who dares wins.


by g999er

プロフィールを見る
画像一覧

Profile

'82年東京生まれ早大卒。小心者の見栄っ張り。臆病者の命知らず。
'04年夏、カンボジアにて完全無防備、スコップのみを使用し地雷除去を敢行。
'05年はアフガニスタンにてアルカイダとニアピン。'06年、軍艦島上陸。

アジア・中東累計約30カ国程訪問。忌野清志郎のライブ主催などイベント企画。色んなことをしながら現在都内の広告代理店勤務。

こんな本にも載ってます。
http://amzn.to/b01Jqt

カテゴリ

全体

→2010チュニジア/モロッコ
→GO for Afghanistan
→最後の行軍
企画・イベント
Art/Design
News
Music
Movie
Books
Sports
Camera
Food & Drink
雑記

以前の記事

2010年 10月
2009年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 12月

お気に入りブログ

超音速備忘録
トランスポーター
目撃者を探しています!平...

カテゴリ:News( 6 )

【備忘メモ】エイズ対策、拡大ペースに追いつかない=国連事務総長

エイズ対策、拡大ペースに追いつかない=国連事務総長 [ 06月03日 15時56分 ]
[国連 2日 ロイター] アナン国連事務総長は2日、国連総会エイズ高級レベル会合の冒頭演説で、エイズ対策資金が過去最高額に達しているにもかかわらず、特に女性や少女を中心とした拡大ペースに対策が追いついていないと述べた。
 「昨年の感染とエイズ関連の死亡の増加ペースは、過去最大となった。実際、HIVとエイズの拡大ペースは、全大陸で加速している」と語った。
 世界のエイズ対策資金は80億ドルに上っているが、3940万人が感染している。
 国連によると、昨年の新たな感染者は490万人、死者は310万人に達し、過去最大となった。


cf)UN NEWS CENTRE GLOBAL MEDIA AIDS INITIATIVE
[PR]
by g999er | 2005-06-04 18:07 | News

【備忘メモ】夫の喫煙でも妊娠率半減 カナダの研究者が発表

夫の喫煙でも妊娠率半減 カナダの研究者が発表 [ 05月27日 11時15分 ]

【ワシントン26日共同】体外で受精させた卵子を胎内に戻した妻が妊娠する確率は、妻本人や夫がたばこを吸っていると、夫婦そろって非喫煙者の場合の約半分に減ってしまう--。こんな調査結果をカナダ・マクマスター大の研究者が、26日発行の欧州の医学誌「ヒューマン・リプロダクション」に発表した。
 間接喫煙の害が胎児に及ぶという報告はあったが、妊娠のしやすさにまで関係することを示したのは初めてという。体外受精による妊娠ではなく、自然の妊娠でも同じ結果なのかどうかを含めさらに確認が必要だが、研究者は「妊娠したいなら、たばこのない環境での生活が賢明」と話している。

[PR]
by g999er | 2005-05-28 12:57 | News

日航機緊急降下!!

空の尼崎にならんとす。

急減圧で日航機、緊急降下 新千歳空港に着陸 [ 05月08日 19時12分 ]


8日午前11時40分ごろ、新千歳空港の南東約370キロの海上を飛行中のサンパウロ発ニューヨーク経由成田行き日航47便ジャンボ機(乗客355人、乗員19人)で、機内の与圧が異常に低下する急減圧が発生し、客席の酸素マスクが下りた。同機は高度約1万1000メートルを飛行中だったが、約3000メートルまで緊急降下して飛行を続け、約1時間10分後に新千歳空港へ緊急着陸した。
 日航によると、けが人や医師の手当てを受けた乗客はいなかったが、急減圧時に「耳が痛い」と訴えた乗客がいた。乗客の証言では、減圧時の機内で軽い空気の流れを感じたという。
 日航は、気圧が低い上空でも客室内の気圧を一定に保つ与圧装置に、何らかの不具合があった可能性があるとみて原因を調べている。
 国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は、事故につながる恐れがある重大インシデントに当たるとして航空事故調査官2人を、機体が駐機している新千歳空港へ派遣することを8日、決めた。


ほんと、最近乗り物系やばくね?恐いんですけど。
今回は死傷者出てないからいいよなものの、こんな連鎖反応的に事故が多発してたら、どこにも行けなくなっちゃうよ~。

調査で原因が解明されることを強く望みます!!
[PR]
by g999er | 2005-05-08 22:25 | News

【改定しました】ドイツはまたナチスを作ろうとしているのか

嫌煙ドイツ 次は運転中の喫煙禁止か

[ベルリン 3日 ロイター] ドイツでは、複数の国会議員が危険だという理由で運転中の喫煙を禁止したがっている。
「タバコを吸いながらの運転は、事故の発生率を劇的に上げます」社会民主党のペーター・ダンケルトは言う。「運転中の喫煙を完全に禁止したいですね」
ドイツで最大の部数を売る新聞ビルド紙で、ダンケルトと野党キリスト教民主同盟のカテリナ・ライヒは両者揃って運転中の喫煙を禁止する法の制定へ向けて努力すると語った。
ライヒは運転中の携帯電話の使用が禁止されたことに触れた。
「タバコは携帯電話と同様に危険です。罰金も含め、喫煙を禁止する新しい法が必要です」
ドイツの自動車クラブADACの広報担当者ライナー・ヒルゲルトナーは、この案に賛同しない。「運転しながらチョコレートバーやバナナや魚のサンドイッチを食べるのだって同じように危険じゃないか」


ええ。うまいですね。この記者、とかっていう話ではなく。
この思わず笑いのこぼれてしまう落とし方、、っていうことでもなく。真面目に語りましょう。

僕はどうしても、禁煙、というワードを耳に入れるたびに「健康なドイツ国民の育成」を標榜した、ナチスドイツ下の【禁煙政策、たばこ撲滅運動】を思い出してしまうのです。
ナチの禁煙政策は後々文化抑制のためのツールであったと分析されていますが、たばこを文化として捉えるなら、現在の日本の、全てが全てを「禁止」しようとする政策(風潮?)は、非常にナチ的といわざるを得ない。

文化抑制の歴史は、そのほとんどが、戦争、侵略、独裁の歴史だというのは周知の事実でございます。有名な話だと、もちろんナチスドイツでの迫害もそうだし、60’sアンゴランミュージックが受けたポルトガルの侵略による規制や、カストロ政権下のキューバでの芸術家迫害がありますよね。

いま、思い出したんだけど、一昨年アメリカで公開されていた、ジョニーデップ、ショーンペンらの名演で話題を呼んだ映画、ジュリアンシュナーベルの夜になる前にというものがあります。

この映画、カストロ政権下で迫害されていた作家レイナルドアレナスの一生を追った(再現した?)もので、芸術家・知識人たちはすべて政治の敵とみなされた当時のキューバの背景を非常に物々しく描いています。

この映画を見てても思うのは、文化って人々にとって「考えるためのツール」になりやすいものだよね。それに嗜好品といえば嗜好品だから、共産主義に不必要といわれたらどうしようもない。

でもね、ぼくが思うのは、「考える」っていうのは人間にとって最低限保障されるべき権利なわけですよ。全員が同じものを食べて、同じ服を着てたらおかしな話でしょ?一人一人が違う考えが持つのって、環境や文化が違うからじゃない。

で、脱線した話を戻すとさ、なんでどこも「禁煙」なわけ?って昨今の日本の姿勢を見て思うわけです。たばこ好きな人間もいるわけじゃん。

確かに一部にはマナーを守れない喫煙者もいるけれど、それは個々人の問題だし、罰金規定なんかを作れば済む話だと思うんです。そんな中で、今でも肩身の狭い思いをしながらもマナーを守る愛煙家はいるんですよ。その人にとっては、喫煙できる場所が減っていくというのは、とても心苦しいものでしょう。それに、喫煙できる場所が減っていったら、その人は、「喫煙」という文化、「たばこ」という媒体を失う事になるんじゃないかと。
これって一種の文化規制ではないかと思うわけです。

分煙には全くもって賛成だし、ぼく自身、たばこを制限している人間にとっては、他人の吐いた煙を吸うことは非常に不快なことです。でもね、でもただ!!w

電車から降りて、ダッシュで馬場駅外の喫煙スペースに向かうリーマンのオッちゃんを見ると、涙が出てきますよあんた。

ぼくが言いたいのは、「どこだって煙草を吸わせろ!!」とか「みんな生きてるだけで二酸化炭素を口から出してるんだから、俺だって被害者じゃい!!」とかじゃなくってね、、、もう少しマイナリティーの権利を守りませんかってことなんですよ。

マイナリティー、特にマイナリティーの持つ文化を迫害することで起こしてきた数々の悲劇を、何でこうも生かせないのだろうと思ってしまうのですよ。

喫煙という文化を規制する日本(ドイツも)の風潮は、このままいけばまた違う文化すら否定して、ゆくゆくは第二のナチス、第二の大東亜共栄圏すら作ってしまうのではないか、と私、一留確定の馬鹿田大学生は今日も過大な心配をするのでありました。
[PR]
by g999er | 2005-05-08 18:30 | News

ボーリングフォー尼崎...

死傷者多数を13人認識=(ボーリングの)成績掲示、3次会も=差替

JR西日本天王寺車掌区(大阪市天王寺区)の社員が福知山線の脱線事故当日、ボウリング大会を開いた問題で、参加した43人のうち少なくとも13人は、多数の死傷者が出ていることを知っていたことが5日、同社の調査で分かった。
 残りの社員も事故発生は認識し、会場で事故に関する会話も交わされたが、大会中止を提案した社員はいなかった。
 ボウリングの成績が翌日まで社内に掲示されたことや3次会などがあったことも判明。同車掌区の古川宏二区長(53)は「認識が甘く、軽率だった。深く反省している」と話している。


もうね。何も言いたくない。
人間として、在り方を考えなさい。
JR職員は、これを読みなさい。事故直後の現場がどんなだったか、少しは分かると思うから...

そしてマスコミも、こういう意味の無いことに目を向けているのは、もうお止めなさい。JRの糞っぷりは十分分かりましたから...根本的な解決に、力を貸しなさい。ね。
[PR]
by g999er | 2005-05-06 06:44 | News

<尼崎脱線事故>先頭車両が数十M飛び、マンションに激突 [ 05月03日 03時00分 ]

もうね、実際何とも言えません。
分かれば分かるほど、事故の凄惨さが浮き彫りになっていく。。。以下毎日新聞

<尼崎脱線事故>先頭車両が数十M飛び、マンションに激突

兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、快速電車の先頭車両が脱線直後に線路脇の敷石(バラスト)の上を飛んで、マンションに突っ込んでいったことが2日、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の調べでわかった。時速100キロ超で右カーブに入り、ほぼそのままの猛スピードで脱線した衝撃で先頭車両が浮き上がり、左に傾いた状態で空中を数十メートル滑空したとみられる。先頭車両はモーター付きの2、3両目より6~9トン軽く、押し出された可能性もあり、事故車両について詳しい調査を進める。

 また、現場付近に先頭車両の車軸が落ちているのが見つかった。脱線時の衝撃で外れたのかどうか調べている。

 事故調によると、マンションの約57メートル手前の枕木に最初の脱線痕があり、その先の枕木3~4本にも痕跡が残っていた。先頭車両はこの付近で脱線したが、枕木の外側にある敷石などに車両が滑走した痕跡は確認されていない。一方、マンション直前の地面には車両が通った形跡があった。

 先頭車両の乗客は「突然車体が外側に傾き、浮き上がったように感じ、マンションが目の前に近づいてきた」などと話しており、滑空を裏付ける証言とみている。

 一方、快速電車の5両目と7両目から回収したモニター制御装置の記録で、脱線直前の速度が時速108キロだったことが2日、県警尼崎東署捜査本部の調べで分かった。速度は非常ブレーキが作動した5秒前から、記録されるようになっている。捜査本部は事故当日の先月25日に5両目、28日に7両目から装置を回収し、解析を進めていた。
[PR]
by g999er | 2005-05-03 12:06 | News

Twitter&BP

ライフログ


衣服は肉体になにを与えたか―現代モードの社会学


August Sander (Masters of Photography)


Escape to Where


Allegory & Metaphor


川久保玲とコムデギャルソン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧