Never stop exploring. Who dares wins.


by g999er

プロフィールを見る
画像一覧

Profile

'82年東京生まれ早大卒。小心者の見栄っ張り。臆病者の命知らず。
'04年夏、カンボジアにて完全無防備、スコップのみを使用し地雷除去を敢行。
'05年はアフガニスタンにてアルカイダとニアピン。'06年、軍艦島上陸。

アジア・中東累計約30カ国程訪問。忌野清志郎のライブ主催などイベント企画。色んなことをしながら現在都内の広告代理店勤務。

こんな本にも載ってます。
http://amzn.to/b01Jqt

カテゴリ

全体

→2010チュニジア/モロッコ
→GO for Afghanistan
→最後の行軍
企画・イベント
Art/Design
News
Music
Movie
Books
Sports
Camera
Food & Drink
雑記

以前の記事

2010年 10月
2009年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 12月

お気に入りブログ

超音速備忘録
トランスポーター
目撃者を探しています!平...

旅の終わり


音も無く、長きに渡った旅は終焉を告げた。
それは特段、悲しいことでも、嬉しいことでも無かった。

バンビエンのあの怠惰な岩肌のように、ただひたすら無為に、
自分の肌や自分の感覚や久しぶりに訪れる故郷の匂いを感じていた。



いつのまにか、カーテンコールが降りて、
僕は、びっくりするくらい動揺も見せず、ただただ疲れきっていた。

それでも、今僕という存在は、ここにいる。
自分の両の脚で、この地に立っている。

もう少し自分という大地を掘り起こしてみれば、確かに、
達成感と、充実感と、悲しみと、言葉では表すことのできないいろんな想いが俺の中にある。

でも僕は理解をした。進まなきゃいけない。
変わるのを恐れて進まないことこそが、恥ずかしいと。
旅と、君が教えてくれた気がする。

もはや否定することなんて何もない。
ただただ、感謝の意しかない。

いろんな国よ。いろんな人よ。ありがとう。
そして弱い俺よ。 さようなら。

もしも祈ることが許されるなら、最後に、
ありがとうと、さようならを、君にささげる。

そして、僕の最後の行軍は、
ここに終焉を告げることにする。
[PR]
by g999er | 2007-03-24 13:58 | →最後の行軍

Twitter&BP

ライフログ


衣服は肉体になにを与えたか―現代モードの社会学


August Sander (Masters of Photography)


Escape to Where


Allegory & Metaphor


川久保玲とコムデギャルソン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧