Never stop exploring. Who dares wins.


by g999er

プロフィールを見る
画像一覧

Profile

'82年東京生まれ早大卒。小心者の見栄っ張り。臆病者の命知らず。
'04年夏、カンボジアにて完全無防備、スコップのみを使用し地雷除去を敢行。
'05年はアフガニスタンにてアルカイダとニアピン。'06年、軍艦島上陸。

アジア・中東累計約30カ国程訪問。忌野清志郎のライブ主催などイベント企画。色んなことをしながら現在都内の広告代理店勤務。

こんな本にも載ってます。
http://amzn.to/b01Jqt

カテゴリ

全体

→2010チュニジア/モロッコ
→GO for Afghanistan
→最後の行軍
企画・イベント
Art/Design
News
Music
Movie
Books
Sports
Camera
Food & Drink
雑記

以前の記事

2010年 10月
2009年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 12月

お気に入りブログ

超音速備忘録
トランスポーター
目撃者を探しています!平...

最後の行軍・其の参 ラオス・バンビエン

それは、太陽のせいだ

さんさんと照りつける日差しの下で、僕は大きな欠伸をした。まるでワニが大きくパックリとその口を開けるように、大きく口を開けて、欠伸をした。ただ、ワニとは違って僕には、この歯を磨いてくれる鳥はいなかった。それでも僕は、何かを待つように、大きく口を開けていた。

ラオスのバンビエンに着いたのは26日の昼のことだった。バンコクからビエンチャンへのバスで出会ったイカイさんと、ビエンチャンのRDゲストハウスで出会ったカズ先生、カイくんと一緒にバスに揺られること4時間、バンビエンに到着した。

多くの田舎町がそうであるように、ここにも山と川以外に観光客を惹きつけるものは無い。あるのはその山と川をメインにしたアクティビティーと宿泊施設くらいだ。それでも、少なからず観光客がいるのは、ラオスの桂林と言われるほどの絶景と、田舎ならではの、ゆっくりと流れる時間のためだ、と僕は思った。僕もご他聞に漏れず、そのゆっくりとした時間の流れ方が気に入って、カヤッキングした次の日は、何は無くとも、一日中体を休めていた一員であった。

何もせず、何も得ず、何にも縛られず、何も怖れず、ただひたすらに無為に過ごす。僕はこのバンビエンの一日にこそ価値を見出していた。僕には、ただその時間の流れの中に身を投げているという、その事実だけで充分であった。だからこそ、僕はこの土地をひどく気に入っていた。今思えば、何も無かったからこそ、僕は自由に成り得たのだろう。何も得ようとしなければ、それはそれでいいんだろう。

しかし、それでも、僕は、口を開けて、待っていた。ただひたすらに、待っていた。
[PR]
by g999er | 2006-12-28 20:53 | →最後の行軍

Twitter&BP

ライフログ


衣服は肉体になにを与えたか―現代モードの社会学


August Sander (Masters of Photography)


Escape to Where


Allegory & Metaphor


川久保玲とコムデギャルソン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧