Never stop exploring. Who dares wins.


by g999er

プロフィールを見る
画像一覧

Profile

'82年東京生まれ早大卒。小心者の見栄っ張り。臆病者の命知らず。
'04年夏、カンボジアにて完全無防備、スコップのみを使用し地雷除去を敢行。
'05年はアフガニスタンにてアルカイダとニアピン。'06年、軍艦島上陸。

アジア・中東累計約30カ国程訪問。忌野清志郎のライブ主催などイベント企画。色んなことをしながら現在都内の広告代理店勤務。

こんな本にも載ってます。
http://amzn.to/b01Jqt

カテゴリ

全体

→2010チュニジア/モロッコ
→GO for Afghanistan
→最後の行軍
企画・イベント
Art/Design
News
Music
Movie
Books
Sports
Camera
Food & Drink
雑記

以前の記事

2010年 10月
2009年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 12月

お気に入りブログ

超音速備忘録
トランスポーター
目撃者を探しています!平...

花相似たり

僕は歩き出した。

手に握っていた石は実は氷で、僕の手の温度によってそれはみるみるうちに溶け、指の間をすり抜けていった。灼熱の太陽は僕の横顔を熱く照らしていた。

何の変哲も無い月曜日だった。世界は少し赤みがかっていて、目を細めてしまうくらいまぶしかった。まるで、洞窟の中から一年ぶりに外へ、光の下へ歩み出でたかのような、そんな気分だった。



どこともいえぬ場所で、前に脚を運びながら、ふと足元を見ようと下を向いた。と同時に、何となく覚えのある不思議な感覚を抱いた。どこかで見たことのある風景が瞼の裏に蘇る。僕は記憶の中で深く、硬く凍らせた白い箱にゆっくりと手を伸ばす。そして、そっと手をかける。胸元にその箱を引き寄せると、動悸が激しくなり、息が切れた。

目を閉じ、深く息を吐く。単に胸に異物がつっかえて苦しいのだ、と解釈する。

神が、この世にいるとしたら、これが与えたもうた試練なら、乗り越えねばなるまい。立ち向かわなければなるまい。つっかえのない岸壁を素手で登るような絶望感が身を襲う。答えも出ないかもしれないし、よしんば答えが出たとして、いい答えとは限らない。それでも。それでも、いい。それが、考えた末の結論だった。

ぞうきんのように心を絞って再び箱に手を伸ばすと、手の内からこぼれ落ちたかのように見えていた水が実は砂で、今岸壁を登らんとするその、じっとりと汗ばんだ手にキラキラとした砂がはりついてまだ残っているのが見えた。

目の前を見ると、岸壁は姿を変え、丸みを帯びた岩になっていた。
僕の頬を照らす太陽の熱さが、心地よく感じられた。
[PR]
by g999er | 2009-09-07 14:09 | 雑記

Twitter&BP

ライフログ


衣服は肉体になにを与えたか―現代モードの社会学


August Sander (Masters of Photography)


Escape to Where


Allegory & Metaphor


川久保玲とコムデギャルソン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧